テーマ:映画

ディズニー映画「ダンボ」(実写版)を観る

●2019年4月7日(日)、ディズニー映画「ダンボ」(実写版)を観た。心が温かくなり、そして元気が湧いてくる素敵な内容、ストーリー展開も見事なので見ていて飽きることがない。もちろん、CGを巧みに使った映像はとても美しい。家族や親しい友人と見るのに最適な映画と言える。 ●この映画は、1941年のアニメ映画を実写化したものだが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドラえもん のび太の月面探査記」を観る

●2019年3月2日(土)、自宅近くのTOHOシネマズ流山おおたかの森で、映画「ドラえもん のび太の月面探査記」を観た。とても面白い。見終わった後の気分も最高だ。アニメ映画といって侮ってはいけない。発信するメッセージには強く共感するところも多く、子供だけでなく大人の鑑賞にも十二分に耐えうるものだ。ドラえもんは、テレビ放映は1973年から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田祐康監督アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」を観る

●2018年8月18日(土)、自宅近くのTOHOシネマズ流山おおたかの森で、石田祐康監督のアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」を観た。とても面白い。楽しいファンタジーであり、心が躍るアドヴェンチャーであり、少年の心の成長の物語であり、そして何よりも寓意に満ち満ちたSF映画でもある。 ●原作は、第31回日本SF大賞を受賞した森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細田守監督アニメ映画「未来のミライ」を観る

●2018年8月5日(日)、自宅近くのTOHOシネマズながれやまおおたかの森で、細田守監督の最新アニメ映画「未来のミライ」を観た。ネット上ではこの作品に対する評価が分かれているが、そういう作品だからこそ自分の目で確かめるべき。そんな思いもあったからだ。そして、見た後の私の結論は、「ちょっと気になるところもあるけれど、全体的には十分楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「心が叫びたがっているんだ。」のアニメ版と実写版を見る(WOWWOW)。

●2018年6月3日(日)、WOWWOWで、「心が叫びたがっているんだ。」(通称「ここさけ」)のアニメ版と実写版を続けて見た。アニメ版は、2015年9月の公開時に劇場で見て、大きな感銘を受けた。現時点では、私が見た日本のアニメ映画のベスト5(注)に入る傑作だと思う。実写版は今回初めて見る。アニメ版の印象があまりに強かったため、その印象を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ映画「ボス・ベイビー」を観る(感想)

●2018年3月31日(土)、近くのTOHOシネマズおおたかの森で、アニメ映画「ボス・ベイビー」を観た。特に強い興味があったわけではないが、「マダガスカル」や「カンフーパンダ」で有名なドリームワークスの作品であるし、また、予想以上にヒットしている様子なので、一応見ておこうかということで足を運んだもの。感想としては、「まあまあ面白い」「ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ映画「リメンバーミー」を観る(感想)。

●2018年3月17日(土)、家内と二人で、近所のTOHOシネマズ流山おおたかの森で、今話題のアニメ映画「リメンバーミー」を見た。前評判が高かったので、かなり期待して行ったが、その期待を大きく上回る面白さ。「感動」という言葉は、そう安易に使いたくはないが、今回だけは例外だ。この言葉の意味する「物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ映画「ドラえもん のび太の宝島」を観る(感想)

●2018年3月11日(日)、家内と二人で(年齢を合計すると120歳のシニア夫婦)、近所のTOHOシネマ流山おおたかの森で、「ドラえもん のび太の宝島」を観た。たかがアニメと侮ってはいけない。基本的には子供を対象としているとはいえ、メーセージ性が強く、同伴の親たちの鑑賞にも十二分に耐えうる、素晴らしい作品だ。日本のアニメのクオリティ(特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターウォーズ 「最後のジェダイ」を見て思うこと

●2017年12月30日(土)、我が家の最寄りのシネコンTOHOシネマ流山おおたかの森で、スターウォーズの最新作「最後のジェダイ」(エピソード8)を見た。はっきり言って、「ものすごく面白いという訳ではないが、展開は速いし映像も迫力があって全く退屈することはない。登場人物が増えた分だけ、ストーリーが拡散して焦点が曖昧になった印象はあるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ゴッホ 最後の手紙』を観る

●2017年11月3日(金)、自宅近くのTOHOシネマズ流山おおたかの森で、映画「ゴッホ 最後の手紙」(監督/脚本:ドロタ・コビエラ)を観た。ストーリー的にも、ヴィジュアル的にも、とてもユニークなので、美術ファンでも映画ファンでも、十分楽しめる映画だと思う。両方のファンを自認する私は、とても気に入った。 ●波乱に富んだ人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新房昭之総監督『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の感想(その2)

●2017年9月24日(日)、新房昭之総監督のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を観た。今日で2回目となる。世間の悪評に関わらず、私はこの作品は「傑作」だと思うが、1回目に見たときに、何か見逃していたものがなかったか、という思いも強く、この気持ちは家内も全く同じだったようなので、また夫婦で見に行ったという次第。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新房昭之総監督『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の感想

●新房昭之監督のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を見たのが、2017年8月18日。すでに1か月弱たった。私は、期待に違わぬ傑作だと思うが、世間の評判は、賛否評論、いや寧ろネガティブな意見の方が多いかも知れない。 ●元々、この作品のオリジナルは、1993年にフジテレビで放送された岩井俊二監督の伝説的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新房昭之監督アニメ作品『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』を観る

●2012年10月27日(土)、11月3日(土)の二日間をかけて、新宿バルト9で、新房昭之監督によるアニメ作品『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』を観た。私は、普段は、アニメといえば、スタジオジブリ、ディズニー、ディズニーピクサー、ドリームワークスなどの作品しか見ない。今回は、息子(大学院生)が「父ちゃん、『まどマギ』は絶対見たほうが良い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観る

●2012年4月15日(日)、自宅近くのTOHOシネマズ(流山おおたかの森)で、メリル・ストリープ主演の話題の映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観た。なかなか良くできた映画で、間違いなく秀作の一つに挙げてもよいと思う。 ●では、いったいどこが秀作なのか。もちろん、マーガレット・サッチャーの首相時代及び晩年の現在を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』を観る

●2011年10月23日(日)、TOHOシネマズ流山おおたかの森で、今話題のSF映画『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』を観た。ネットでの評判通り、確かに面白い作品であったが、SF映画の傑作というには「何か足りない」「少し違うぞ」というのが正直な感想だ。何故なのか? ●『猿の惑星』シリーズには、これまで、1868年の第1作目の『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『スマーフ』を観る

●2011年9月11日(日)、TOHOシネマズ流山おおたかの森で、映画『スマーフ』を観た。スマーフとはリンゴ3個分の背丈しかない小さな妖精。この映画は、実写とCGIを合わせた作品であり、3D映画として公開されたもの。ストーリーは分かりやすく、しかもテンポが良い。スマーフたちの動きも軽快で面白い。いわいる「家族そろって見るには最適」といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧ソ連SF映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』を観る

●2011年9月9日(金)、下高井戸シネマで、旧ソ連のSF映画『キン・ザ・ザ』を観た。この映画は、SF映画好きの間では、傑作中の傑作、これぞカルト・ムービーとしてもはや伝説と化しているもの。グルジア出身のゲオルギー・ダネリヤ氏の監督作品だ。制作年は1986年。その前年には、かのゴルバチョフ氏がソビエト共産党書記長に就任し、ペレストロイカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カンフー・パンダ2』を観る

●8月20日(土)、TOHOシネマズおおたかの森で、『カンフー・パンダ2』を観た。この作品は、2008年に大ヒットしたドリームワークスのアニメ映画『カンフー・パンダ』の続編だ。前作同様、文句なく面白く、余計なことは考えず純粋に楽しめる。感動だってしていまいそうだ。 ●カンフーを習得し見事「伝説の龍の戦士」となった小心者で食いし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド映画『木漏れ日の家で』を観る

●2011年8月12日(金)、下高井戸シネマで、ドロタ・ケンジェジャフスカ監督によるポーランド映画『木漏れ日の家で』(2007年制作)を観た。この映画は、少し前まで、岩波ホールで上映されていたもので、どうしても都合がつかず行きそびれてしまったが、今日は、ようやく下高井戸シネマまで追いかけて来たという次第。 ●本当に良い映画を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタジオジブリ作品『コクリコ坂から』を観る

●2011年7月16日(土)、近くのTOHOシネマズ流山おおたかの森で、スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』を観た。傑作である。私が観てきたスタジオジブリ作品の中では、おそらく一番にあげてよいかと思う。 ●この作品の企画は宮崎駿であるが、監督は息子の宮崎吾郎氏。同氏にとっては、『ゲド戦記』に続き監督第2作目となる。脚本は宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田澄子『遥かなるふるさと 旅順・大連』(岩波ホール)を観る

●2011年7月8日(金)、岩波ホール(神保町)で、羽田澄子さん演出のドキュメンタリー映画『遥かなるふるさと 旅順・大連』を観た。今日は節電対策で会社が午前中で終わり。夜の飲み会(大学のクラス会)まで時間があるので、映画三昧という訳だ。時間調整にはもったいないほど、とても味わい深い作品であった。 ●羽田澄子さんは、ドキュメンタリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『借りぐらしのアリエッティ』のDVDを買う

●2011年6月23日(木)、『借りぐらしのアリエッティ』のDVDを買った。本編のほかに特典DVDもついているし、何とアリエッティが映画の中で髪留めとして使っていた「洗濯バサミ」もついてきた。もったいないので、まだビニールの封を開けていない。『借りぐらしのアリエッティ』は、2010年7月に公開されたスタジオジプリ作品。私は、映画館で2回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ガリバー旅行記』を観る

●2011年4月16日(土)、我が家の近くのTOHOシネマズで、映画『ガリバー旅行記』を観た。主演は、人気のコメディアン、ジャック・ブラック。子供向けかと思いきや、むしろ大人が見てこそ本当の良さが分かる上質のエンターテメント作品だ。 ●原作は、だれでも知っているスウィフトの『ガリバー旅行記』。18世紀に書かれた有名な風刺小説だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『塔の上のラプンツェル』を観る

●2011年3月19日(土)、我が家の近くのTOHOシネマで、アニメ映画『塔の上のラプンツェル』を観た。この作品は、1937年の白雪姫から始まったディズニーのアニメ映画(ディズニー・クラシックス)の第50作目にあたるもの。大きな節目を飾るに相応しい素晴らしいアニメ映画だ。最近、私はアニメ映画をよく観るが、ここ数年の間に観たもののなかでは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」に行く

■2010年9月19日(日) 「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」 東京都現代美術館 ○映画「借りぐらしのアリエッティ」が好きな人には、たまらない企画だ。 ○アリエッティとその家族が生活する家や庭が、さながら実写映画のセットのように、観るものの背丈に合わせて、忠実かつ精巧に再現されているからだ。 ○これを作った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画館で避暑・・・映画「ハナミズキ」

■2010年9月4日(土) 映画 「ハナミズキ」を観る ○昨日、あまりに暑いので、近くの映画館に涼みに行った。 ○納涼が目的なので、映画は何でも良かったが、①「バイオハザードⅣ」②「ベストキッド」③「トイストーリー3」等とも悩んだ結果、①は「単なる気持ち悪いゾンビ映画でしょ(確かに)」、②「ジャッキーの声が吹き替えじゃつまらん(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more