新国立劇場オペラ公演『セビリアの理髪師』を観る

●2020年2月11日(火・祝)、新国立劇場(初台)でオペラ公演『セビリアの理髪師』を観た。魅力的な演出、豪華な歌手陣等、全ての面でクオリティが高く、ロッシーニのオペラの楽しさを満喫する素晴らしい公演であった。 ●ますは今日のメンバーを確認しておこう。 指揮:アントネッロ・アッレマンディ 演出:ヨーゼフ・E・ケップ…
コメント:0

続きを読むread more

日本ヴェルディ協会設立20周年記念「ヴェルディ・ガラ・コンサート」に行く

●2020年2月1日(土)、日本ヴェルディ協会設立20周年記念「ヴェルディ・ガラ・コンサート」に行った。会場はサントリーホール(ブルーローズ)。一大イベントに相応しく歌手陣は全員が超一流の方々で、とてもクオリティの高い素晴らしいコンサートであった。 ●歌われた曲は全部で15曲。ピアノ伴奏は髙橋裕子さん。それでは歌唱順にその…
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト劇場オペラ公演『コシ・ファン・トゥッテ』を観る

●2020年1月26日(日)、セシオン杉並大ホール(東高円寺下車)で、モーツァルト劇場のオペラ公演『コシ・ファン・トゥッテ』を観た。日本語訳詞による上演であり、私にとっては貴重な体験。演出面を含めてとても楽しく親しみやすい公演であった。 ●まずは、今日のメンバーを確認しておこう(敬称略)。 指揮:武本 浩  演出…
コメント:0

続きを読むread more

山形由美 魅惑の三重奏~フルート、ハープ、ピアノの調べ~(スターツおおたかの森ホール)に行く

●2020年1月25日(土)、「山形由美 魅惑の三重奏~フルート、ハープ、ピアノの調べ~」と題するコンサートに行った。会場はスターツおおたかの森ホール。このコンサートは、2019年4月にオープンした同ホールのオーププニング企画の第10弾。文字通り、魅惑の調べに心を奪われる至福の時間を過ごすことができた。 ●山形由美さんは日…
コメント:0

続きを読むread more

淡路屋「ハローキティ版ひっぱりだこ飯」を食べる

2020年1月12日(日)、今日の昼食は淡路屋の「ハローキティ版ひっぱりだこ飯」。とても美味しい。 「ハローキティ版引っ張りだこ飯」は、その名の通り、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と、西明石駅の名物駅弁「ひっぱりだこ飯」のコラボ商品で、2020年1月1日から発売開始されたもの。中身は基本的に通常の「ひっ…
コメント:0

続きを読むread more

「ドラえもん×ハローキティ」コラボぬいぐるみをゲットする

●2019年12月26日、国民的キャラクラ―「ドラえもん」と「ハローキティ」のコラボ企画「DORAEMON HELLO KITTY」の新シリーズが始まった。本企画は2015年からスタートしたもので、今回は第4弾。我が家でも、さっそく「ドラえもん」と「ハローキティ」のぬいぐるみをゲットした。 ●「ドラえもん」は「ハローキティ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年に観たオペラ19公演のベストは?

●2019年に観たオペラ公演の回数は19回(昨年は25回)。この回数は生のオペラ公演のみで(演奏会形式を含む)、ライブ・ビューイング(映像)や声楽コンサート等は含まない。19回という数字は熱心なオペラ・ファンから見れば少ないと思うが、バレエやコンテンポラリー・ダンス公演等も見たいことに加え、特に今年はクラシック音楽以外も対象を広げたので…
コメント:0

続きを読むread more

二期会オペレッタ公演『天国と地獄』(日生劇場)を観る

●2019年11月24日(日)、日生劇場で、二期会オペレッタ公演『天国と地獄』を観た。チラシには「全編が心躍る音楽と風刺の精神、笑いに満ちた、底抜けに明るいオペレッタを日本語上演‼」とあり、総論としては「その通り!」の楽しい公演であった。ただ、いくつかの点で笑えないどころか違和感を感じる場面もあって複雑な思い。この記事を書くのが遅くなっ…
コメント:0

続きを読むread more

第39回「台東第九公演」《下町で第九》に行く

●2019年12月15日(日)、第39回「台東第九公演」《下町で第九》に行った。会場は東京藝術大学奏楽堂。この企画は、台東区、東京藝術大学、台東区民合唱団で構成される台東第九公演実行員会が主催しているもので、1981年にスタートして以来、《下町で第九》として広く親しまれ、毎年開催されている。私は今回初めて足を運んだが、想像をはるかに超え…
コメント:2

続きを読むread more

「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」(セッションハウス)に行く

●2019年12月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、コンテンポラリー・ダンス公演「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」を観た。三つの個性的な作品が連続して演じられる約1時間20分。非日常の異様な世界に身も心も引き込まれ、呆然としながら濃密な時間が流れていく。終わった後は、心地よい疲れを感じて大きく息を吐く。実に見応えのある公演で…
コメント:0

続きを読むread more

第31回松戸市民コンサート(森のホール21)に行く

●2019年12月8日(日)、第31回松戸市民コンサートに行った。会場は松戸市が誇る「森のホール21大ホール」。このコンサートは、松戸市音楽協会が主催し、松戸市教育委員会及び松戸市文化振興財団が共催する、文字通り松戸市を挙げての一大イベントだ。毎年、合唱を伴う壮麗・壮大な曲を選び一流のソリストを迎えて開催されるが、今回のメインはブラーム…
コメント:0

続きを読むread more

砂川涼子 ソプラノ・リサイタル(紀尾井ホール)に行く

●2019年12月5日(木)、「砂川涼子 ソプラノ・リサイタル」に行った。会場は紀尾井ホール(四谷)。砂川涼子さんは藤原歌劇団のエースであり、日本を代表するソプラノ歌手のお一人。今回のリサイタルは、今般、砂川涼子さんが初めてCDをリリースすることになり、それを記念して開催されることになったもの。何を隠そう、私は砂川涼子さんの大ファン。彼…
コメント:0

続きを読むread more

北とぴあ国際音楽祭2019オペラ公演『リナルド』を観る

●2019年12月1日(日)、北とぴあ・さくらホールで、ヘンデル作曲のオペラ『リナルド』を観た。本公演は。北区文化振興財団が主催(北区及び同区教育員会が共催)する北とぴあ国際音楽祭2019の一連の企画の中の最大の目玉とされるイベント。歌唱、管弦楽、そして演出の全てのクオリティが高い素晴らしい公演であった。今日は、バロック・オペラの魅力に…
コメント:0

続きを読むread more

「東儀秀樹トーク&ライブ」(スターツおおたかの森ホール)に行く

●2019年11月23日(土・祝)、スターツおおたかの森ホールで開催された、「東儀秀樹トーク&ライブ」に行った。このコンサートは、本年4月、流山おおたかの森駅北口に同ホールがオープンしたことを記念して行われる企画の第8弾だ。東儀秀樹さん(以下「東儀さん」という)は日本を代表する雅楽師。日本の伝統文化である雅楽にしっかり足を踏まえつつ、且…
コメント:0

続きを読むread more

NHK交響楽団定期公演(モーツァルト「ミサ曲」ハ短調ほか)に行く(2019年11月22日)

●2019年11月22日(金)、NHK交響楽団の第1926回定期公演に行った。場所はNHKホール。あいにくの雨天で渋谷駅からNHKホールまでの徒歩は少々しんどかったが、コンサート内容は大満足。ブロムシュテットが指揮するN響はやはり素晴らしいし、今日のプログラムはモーツァルト好き、声楽好きの私にとって最良のもの。帰りもまだ雨が降り続いてい…
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場オペラ公演『ドン・パスクワーレ』を観る

●2019年11月17日(日)、新国立劇場(初台)でドニゼッティ作曲のオペラ『ドン・パスクワーレ』を観た。私がこのオペラを観るのは今回で二回目。どちらかと言えば「ドタバタ喜劇」というイメージが強かったが、「こんなに面白かったのか、こんなにも心に響くものだったのか」と作品に対する見方がが大きく変わってしまうほどの素晴らしい公演であった。 …
コメント:0

続きを読むread more

NISSAY OPERA 2019『トスカ』を観る

●2019年11月9日(土)、日生劇場(日比谷)で、NISSAY OPERA 2019『トスカ』を観た。演出、歌唱・合唱、そしてオーケストラの四拍子揃った非常にクオリティの高い公演。久しぶりに見応えも聴き応えもある素晴らしい「トスカ」に出会えて本当にうれしく思う。クオリティに加え、劇場の規模やチケット代金等をも考慮すれば、今、日本国内で…
コメント:0

続きを読むread more

二代目高橋竹山コンサート~東北を見つめて~に行く

●2019年11月1日(金)、東京文化会館小ホールで開催された、二代目高橋竹山さんのコンサート~東北を見つめて~に行った。私は民謡や三味線と言ったジャンルの音楽には全く無縁で、もちろん二代目高橋竹山さんの唄や演奏に生で接するのは初めてだったが、心に沁みる唄と変幻自在の三味線の響きに、ただただ驚き感動。こんな素晴らしい世界があったのかと今…
コメント:0

続きを読むread more

シンディ・ローパー デビュー35周年 Anniversary Tour 【東京公演】に行く

●2019年10月25日(金)、シンディ・ローパー35周年 Anniversary Tour の東京公演に行った。会場はBunkamuraオーチャードホールだ。この公演は当初予定がなかった「追加公演」で、本ツアー最終日を飾るもの。シンディの歌とトークとダンス・パフォーマンスに酔いしれる夢のような時間を過ごすこととなった。シンディ、また日…
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場オペラ公演『エウゲニ・オネーギン』を観る

●2019年10月9日(水)、新国立劇場のオペラ公演『エウゲニ・オネーギン』を観た。ソロ歌手陣の見事な歌唱、完璧とも言うべき合唱、そしてオーソドックスで美しいだけに止まらず観る者に問いを投げかけるような演出。何度でも観たい。そう思わせるような素晴らしい公演であった。 ●時代は19世紀、場所はロシア。ラーリン家の娘タチヤーナ…
コメント:0

続きを読むread more

日本ヴェルディ協会講演会「ランカトーレ&ヴルタッジョ《ラ・トラヴィアータ》の魅力を語る」に行く

●2019年10月29日(火)、日本ヴェルディ協会が主催する講演会「ランカトーレ&ヴルタッジョ《ラ・トラヴィアータ》の魅力を語る」に行った。会場は九段下のイタリア文化会館アニェッリホール。ほぼ満員(約240名)の来場者(会員は無料、一般の方も2,000円で入場可能)は間違いなく大満足して帰られたはず。それほどクオリティが高く心に響く内容…
コメント:2

続きを読むread more

アーリドラーテ歌劇団第7回公演《マクベス》を観る(シアター1010)

●2019年10月19日(土)、シアター1010(北千住)で、アーリドラーテ歌劇団の第7回公演《マクベス》を観た。歌手陣、合唱、オーケストラの熱演に加え、光と影を駆使した演出も効果的で、さらに挿入されるダンスシーンも秀逸と言う、とても見応えのある公演であった。 ●アーリドラーテ歌劇団は山島達夫氏が代表・指揮を務めるオペラ団…
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ 舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観る(中野テルプシコール)

●2019年10月20日(日)、中野テルプシコールで、横滑ナナさんの舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観た。凝縮された濃密な時間の流れを体感する非日常の世界。まさに舞踏の醍醐味と言うべきか。若干の心地よい疲労を感じるほどの見応えある公演であった。 ●チラシによれば、「ひやおろし」とは、蔵ごとに手塩にかけて育てられる秋に味わう芳醇…
コメント:0

続きを読むread more

森高千里「この街」ツアー2019東京公演に行く

●2019年10月5日(土)、森高千里「この街」ツアー2019東京公演に行った。会場は三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂。18時の開演から20時半の終演まで休憩なしの二時間半。森高千里さん(以下、敬愛の念を込めて「森高」と呼ぶ)は全20曲を歌って踊りまくり、観客の我々は全員立ちっぱなしで手拍子を打つ、あるいは歌に合わせて手を振る。まさに…
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野合唱団第52回定期演奏会(カルミナ・ブラ―ナほか)に行く

●2019年10月3日(木)、武蔵野合唱団の第52回定期演奏会に行った。会場は東京芸術劇場のコンサートホール。演目はチャイコフスキーの大序曲「1812年」と、オルフの世俗的カンタータ「カルミナ・ブラーナ」という魅力的な内容だ。主役である武蔵野合唱団はもちろん、4名のソリストの方々、そして小林研一郎氏が指揮する読売日本交響楽団の演奏も素晴…
コメント:0

続きを読むread more

東京文化会館オペラBOX『泣いた赤おに』を観る

●2019年9月22日(日)、東京文化会館小ホールでオペラBOX『泣いた赤おに』を観た。楽しく、そして心に沁みる素晴らしいオペラであった。原作の「泣いた赤鬼」は、童話作家である浜田廣介(1893~1973)の児童文学の代表作。このオペラは、この原作を題材にして松井和彦さんが台本を書き作曲した作品で、2015年公演の大好評を受け今回の再演…
コメント:0

続きを読むread more

松戸シティフィル第41回定期演奏会(森のホール21)に行く

●2019年9月15日(日)、松戸シティフィルハーモニー管弦楽団の第41回的演奏会に行った。会場はいつもの森のホール21(八柱駅下車)。同フィルはアマチュアとしては非常にレベルが高いオーケストラ。毎回とても楽しみにしている。今日は、ルーマニアの国民的作曲家ジョルジュ・エネスク作品を採り上げるということで大きな期待をもって臨んだが、その期…
コメント:0

続きを読むread more

岩崎宏美コンサートツアー~残したい花について~(ティアラこうとう)に行く

●2019年9月14日(土)、ティアこうとう大ホールで開催された、岩崎宏美さんのコンサートツアー~残したい花について~に行った。「もうすぐ45周年!」とうキャッチフレーズが付く今回のツアー。今日はその記念すべき初日。彼女の歩んだ確かな人生の歴史を感じないではいられない、心が温まる感動的な公演であった。聴く者を優しく幸せな気持ちにさせる。…
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演『彼女の椅子(仮)』(神楽坂セッションハウス)を観る(正直な感想)

●2019年9月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのダンス公演『彼女の椅子(仮)』を観た。今回の公演は従来の路線とは少々趣向が異なる。遠い記憶の中に見つけた過去への憧憬ではなく、同時代の厳しく生々しい現実の世界。当日配布チラシには「ドキュメンタリーダンス」とある。観る人によって意見が評価が分かれるかもしれない。私…
コメント:0

続きを読むread more

藤原歌劇団オペラ公演『ランスへの旅』(新国立劇場)を観る

●2019年9月7日(土)、新国立劇場(初台)で、藤原歌劇団のオペラ公演『ランスへの旅』を観た。こんなに面白くて幸せな気持ちになるオペラが他にあるだろうか。ロッシーニの素晴らしい音楽を、今の日本で考えうる最高のメンバーの演奏と歌唱で聴く。演出も上品でお洒落だ。今日は、聴いて楽しく見て美しい夢のような舞台を心から堪能することとなった。重厚…
コメント:0

続きを読むread more

二期会オペラ公演『清教徒』(演奏会形式)に行く

●2019年9月1日(日)、横浜みなとみらいホールで開催された、二期会のオペラ公演『清教徒』に行った。私はこのオペラを生で聴くのは初めて。もちろんヒロインの狂乱の場は最大の聴かせどころだが、それだけでなく、ドラマを進めるうえで重要な重唱や、まるでギリシャ演劇のコロスのようにソロや重唱に寄り添う合唱も実に素晴らしい。演奏会形式なので演出を…
コメント:0

続きを読むread more

日生劇場「オペラ・オードブル・コンサート vol.9 プッチーニの男と女」に行く

●2019年8月27日(火)、会社帰りに、日生劇場「オペラ・オードブル・コンサート vol.9 プッチーニの男と女」に行った。会場は同劇場の1階ピロティ。開演は18時30分から。入場料は無料だ。このコンサートは、本年11月9日(土)と11月10日(日)に上演されるNISSAY OPARA 2019『トスカ』の関連企画として開催されるもの…
コメント:0

続きを読むread more

コハーン・イシュトヴァーン&金子三勇士デュオリサイタルに行く(スターツおおたかの森ホール)

●2019年8月24日(土)、コハーン・イシュトヴァーンさんと金子三勇士さんのデュオリサイタルに行った。このリサイタルは、本年4月1日、流山おおたかの森駅前に誕生したスターツおおたかの森ホールのオープニング企画の一つ。コハーン・イシュトヴァーンさんはクラリネット、金子三勇士さんはピアノと楽器は違うが、お二人とも昨今活躍が目覚ましい新進気…
コメント:0

続きを読むread more

第7回東日本大震災復興支援チャリティコンサート『真夏の第九』に行く

●2019年8月25日(日)、第7回東日本大震災復興支援チャリティコンサート『真夏の第九』に行った。会場は杉並公会堂(荻窪駅下車)。「第九」と言えば年末の風物詩。私自身この暑い季節に第九を生で聴くのは初めての経験だ。しかし、「どうして真夏に第九なの」との疑問など吹き飛んでしまうほどの、気分が高揚し元気が沸き上がって、そして心が温まる感動…
コメント:2

続きを読むread more

東京大学音楽部OB合唱団 アカデミカコール演奏会2019 に行く(三澤洋史氏作曲ミサ曲初演)

●2019年8月11日(日)、東京大学音楽部OB合唱団アカデミカコールの演奏会に行った。本当に素晴らしく感動的なイベントであった。この演奏会は東京大学音楽部創立100周年を記念して行われるメモリアルな企画のオープニングを飾るもの。指揮は、アカデミカコールの常任指揮者で、新国立劇場の合唱指揮者としても名高い三澤洋史氏。そして演目は、何と同…
コメント:0

続きを読むread more

馬場ひかりダンスプロジェクト公演『胞衣ENA』を観る

●2019年7月29日(月)、俳優座劇場(六本木)で、馬場ひかりダンスプロジェクト公演『胞衣ENA』を観た。馬場ひかりさんは、現代舞踊界を代表する振付家/舞踊家のお一人。期待に違わぬ素晴らしい公演であった。濃密で緊張感に満ち、そして何より美しく魅惑的な「馬場ひかりワールド」が立ち現れる。50分間が一瞬とも永遠とも感じられる不思議な時間の…
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場オペラ公演『トゥーランドット』を観る

●2019年7月21日(日)、新国立劇場(初台)で、プッチーニ作曲のオペラ公演『トゥーランドット』を観た。本当に素晴らしい。インパクトが強烈でメッセージ性の強い斬新な演出、実力ある歌手陣による見事な歌唱、非常にレベルの高い合唱、そして指揮者とオーケストラによる息の合った名演奏と、全てが揃った、まさに心が揺さぶられるような記念碑的とも言う…
コメント:0

続きを読むread more

ボローニャ歌劇場来日公演『セヴィリアの理髪師』(神奈川県民ホール)を観る

●2019年6月22日(土)、神奈川県民ホール(日本大通り下車)で、ボローニャ歌劇場の来日公演『セヴィリアの理髪師』を観た。奇をてらわない上質な演出、アントニーノ・シラグーザ氏をはじめとした実力派歌手陣による優れた歌唱、そして活気に溢れたエキサイティングなオーケストラと、全ての点で非常にレベルが高い素晴らしい公演。さすがボローニャ歌劇場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川さゆりコンサート2019(ティアラこうとう大ホール)に行く

●2019年6月21日(金)、ティアラこうとう大ホールで開催された、石川さゆりさんのコンサート(夜の部)に行った。石川さゆりさんは私が大好きな歌手のお一人。かれこれ40数年来の大ファンである。今日も、歌はもちろん、ちょっと甘えた声でのトークもお上手で、とても楽しく幸福な気持ちになる素晴らしいコンサート。至福の時間を過ごすことができ大満足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NISSAY OPERA 2019『ヘンゼルとグレーテル』(広崎うらんさん演出)を観る

●2019年6月16日(日)、日生劇場(日比谷)で、NISSAY OPERA 2019『ヘンゼルとグレーテル』を観た。とても素晴らしい公演だ。美しくて、面白くて、楽しくて、そしてちょっと不気味なメルヘンの世界。演出・振付を担当するのは、ダンス、演劇、オペラなど幅広く活躍する広崎うらんさん。彼女ならではの魅力的なワンダーランドが立ち現われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観る

●2019年6月15日(土)、新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観た。この作品は、英国を代表する振付家ビントレー氏が、ここ新国立劇場のために創作し、2008年に初演されたもの。その後、同劇場の人気演目の一つとして、2011年、2016年に再演され今回で4回目となる。今日も、音楽よし、振付よし、出演者よしの三拍子そろった見事な公演で、理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場オペラ公演『ドン・ジョヴァンニ』を観る

●2019年5月17日(金)、新国立劇場(初台)で、モーツァルト作曲のオペラ公演「ドン・ジョヴァンニ」を観た。このプロダクションによる同劇場の「ドン・ジョヴァンニ」は、過去2回観ているが(2012年、2014年)、総合的な歌手陣のレベルという点では、今回が最も良かったのではないだろうか。十二分に満足できる公演であった。 ●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演「平成行進曲」(神楽坂セッションハウス)を観る

●2019年4月28日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演、2019旅するダンス「平成行進曲」を観た。、マドモアゼル・シネマとは、伊藤直子さんが主宰する、少女期の記憶の物語を紡ぐダンス集団(公演チラシより)。彼女たちが創り出すのは「誰もが心の奥に大切にしまっている《懐かしさ》」とも言うべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村治佳織&村治奏一ギター・デュオコンサート(スターツおおたかの森ホール)に行く

●2019年6月8日(土)、村治佳織さんと村治奏一さんの姉弟によるギター・デュオコンサートに行った。このコンサートは、本年4月1日、流山おおたかの森駅前に誕生した、スターツおおたかの森ホールのオープニング企画の一つ。あの村冶姉弟が我が家の近くに来てくれる! 流山市民としてこんなに嬉しいことはない。今日は、お二人の素晴らしい演奏に接し、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松戸シティフィル「ファミリーコンサート」(2019.5.19)に行く

●2019年5月19日(日)、松戸シティフィルハーモニー管弦楽団(以下「松戸シティフィル」)によるファミリーコンサートに行った。場所は松戸市が誇る「森のホール21」、席数2000席を有する大ホールだ。松戸シティフィルはアマチュアのオーケストラだが、そのレベルはかなり高い。今日も素晴らしい演奏に接することができ、とても満足している。指揮者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル山手バロッコ演奏会「古楽器の響きで味わうモーツァルトの協奏曲と交響曲」に行く

●2019年6月1日(土)、横浜開港記念会館講堂で開催された、アンサンブル山手バロッコの演奏会「古楽器の響きで味わうモーツァルトの協奏曲と交響曲」に行った。本演奏会は、横浜市の開港160周年を祝うメモリアルなイベント。風格ある建造物の中で聴く古楽器の音色はまた格別だ。聴き慣れたはずのモーツァルトの曲が全く新しい感動を呼び起こす。なかでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒木諏訪神社で「除災招福」の祈祷をしていただく

●2019年5月12日(日)、家内と二人で、近所の駒木諏訪神社(流山市駒木)にお参りし、「除災招福」の祈祷をしていただいた。この神社は我が家の「かかりつけの神社」とも言うべき所。お正月の初詣は約30年間ほぼ欠かさず行っており、さらに数年前からは3~5月の時期に祈祷をお願いしている。今日もとても清々しい気分になった。 なお、駒木流山神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小髙根眞理子ヴァイオリンリサイタル Vol.29 に行く

●2019年5月8日(水)、家内と二人で、小髙根眞理子さんのヴァイオリンリサイタル Vol.29 に行った。会場はアミュゼ柏(柏駅下車)。ピアノ伴奏の長尾洋史さんとの息も合った熱気あふれる素晴らしい演奏に接し、とても充実した時間を過ごすことができた。 ●小髙根眞理子さんは、東京藝術大学を経て同大学院を修了、その後ウィーン国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディズニー映画「ダンボ」(実写版)を観る

●2019年4月7日(日)、ディズニー映画「ダンボ」(実写版)を観た。心が温かくなり、そして元気が湧いてくる素敵な内容、ストーリー展開も見事なので見ていて飽きることがない。もちろん、CGを巧みに使った映像はとても美しい。家族や親しい友人と見るのに最適な映画と言える。 ●この映画は、1941年のアニメ映画を実写化したものだが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡村孝子さん、元気になって戻って来て下さい。応援しています!

●2019年4月22日(月)、岡村孝子さんが、急性白血病と診断され長期の治療に入ることを、公式HPや自身のインスタグラムで明らかにした。何ということだ。かわいそうでならない。病魔はなぜ岡村孝子さんのような素晴らしい方まで襲おうとするのか。胸が張り裂けそうな思いだ。多くのファンが同じ気持ちだと思う。 ●私は、「あみん」の頃か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more