テーマ:ダンス・舞踊

「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」(セッションハウス)に行く

●2019年12月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、コンテンポラリー・ダンス公演「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」を観た。三つの個性的な作品が連続して演じられる約1時間20分。非日常の異様な世界に身も心も引き込まれ、呆然としながら濃密な時間が流れていく。終わった後は、心地よい疲れを感じて大きく息を吐く。実に見応えのある公演で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ 舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観る(中野テルプシコール)

●2019年10月20日(日)、中野テルプシコールで、横滑ナナさんの舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観た。凝縮された濃密な時間の流れを体感する非日常の世界。まさに舞踏の醍醐味と言うべきか。若干の心地よい疲労を感じるほどの見応えある公演であった。 ●チラシによれば、「ひやおろし」とは、蔵ごとに手塩にかけて育てられる秋に味わう芳醇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演『彼女の椅子(仮)』(神楽坂セッションハウス)を観る(正直な感想)

●2019年9月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのダンス公演『彼女の椅子(仮)』を観た。今回の公演は従来の路線とは少々趣向が異なる。遠い記憶の中に見つけた過去への憧憬ではなく、同時代の厳しく生々しい現実の世界。当日配布チラシには「ドキュメンタリーダンス」とある。観る人によって意見が評価が分かれるかもしれない。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬場ひかりダンスプロジェクト公演『胞衣ENA』を観る

●2019年7月29日(月)、俳優座劇場(六本木)で、馬場ひかりダンスプロジェクト公演『胞衣ENA』を観た。馬場ひかりさんは、現代舞踊界を代表する振付家/舞踊家のお一人。期待に違わぬ素晴らしい公演であった。濃密で緊張感に満ち、そして何より美しく魅惑的な「馬場ひかりワールド」が立ち現れる。50分間が一瞬とも永遠とも感じられる不思議な時間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観る

●2019年6月15日(土)、新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観た。この作品は、英国を代表する振付家ビントレー氏が、ここ新国立劇場のために創作し、2008年に初演されたもの。その後、同劇場の人気演目の一つとして、2011年、2016年に再演され今回で4回目となる。今日も、音楽よし、振付よし、出演者よしの三拍子そろった見事な公演で、理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演「平成行進曲」(神楽坂セッションハウス)を観る

●2019年4月28日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演、2019旅するダンス「平成行進曲」を観た。、マドモアゼル・シネマとは、伊藤直子さんが主宰する、少女期の記憶の物語を紡ぐダンス集団(公演チラシより)。彼女たちが創り出すのは「誰もが心の奥に大切にしまっている《懐かしさ》」とも言うべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島晶子ダンスソロ No.8 「ツキヨミ」 (せんがわ劇場)を観る

●2019年4月6日(土)、せんがわ劇場(仙川駅下車)で、中島晶子ダンスソロ No.8 「ツキヨミ」 を観た。中島晶子さんは、私が大好きなコンテンポラリー・ダンス振付家/ダンサーのお一人だ。空間を支配し時間をも超越する独自の世界。彼女の鋭い感性と確かなダンステクニックに改めて驚く。まさに中島晶子ワールドという異空間を旅する美しくも不思議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Unit Dance Bookshelf /吉福敦子「フィンクスの絵本~若葉町バージョン~」を観る

●2019年2月10日(祝・月)、若葉町ウォーフ(京急線「黄金町」下車)で、Unit Dance Bookshelfが主催するコンテンポラリー・ダンス公演「スフィンクスの絵本~若葉町バージョン~」を観た。凝縮された時間を旅するような素晴らしい公演だ。観る者の想像力は掻き立てられ、随所に現れる予想を超えた展開も心地よい。まさにあっという間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場バレエ公演「不思議な国のアリス」を観る

●2018年11月3日(土)、新国立劇場バレエ団公演「不思議の国のアリス」を観た。見事な踊り、色鮮やかな舞台装置、そして現代的だが平易で分かり易い音楽が一体となって描かれるルイス・キャロルの不思議な世界。本当に素晴らしい。 ●この作品は2011年に英国ロイヤル・バレエ団で世界初演され、以降、世界中で人気演目となっている。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスブリッジ・インターナショナル2018 ガイド付き!魅惑のダンス会(総合演出 中村蓉)を観る

●2018年11月4日(日)、神楽坂セッションハウスで、東京発ダンスブリッジ・インターナショナル2018 伊藤直子版 ガイド付き!魅惑のダンス会(総合演出 中村蓉)を観た。私は2012年6月にここで中村蓉さんのダンス(別れの詩)を観て以来彼女の熱烈なファン。今日は総合演出(もちろん出演も)ということで役割も大きいが、期待を裏切らない、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュツットガルト・バレエ団 2018年日本公演「オネーギン」を観る

●2018年11月2日(金)、東京文化会館(上野)で、シュツットガルト・バレエ団の2018年日本公演「オネーギン」を観た。この作品の世界初演(1965年、改訂版1967年)は、まさにシュツットガルト・バレエ団によるもの。以来、同バレエの代表的な演目として絶大な人気を誇る。あまりに感動すると言葉を失ってしまうと言うが、本公演はまさにそれに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ公演『バッドガール・ララバイ』を観る(セッションハウス)

●2018年9月2日(日)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演、旅するダンス2018『バッドガール・ララバイ』を観た。期待を裏切らない素晴らしい内容で、見終わった後の気分もとても良い。 ●マドモアゼル・シネマとは、振付家の伊藤直子さんが主宰するダンス・カンパニーで、ここセッションハウスを拠点とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田育世ダンス・ソロ公演『病める舞姫』(d倉庫)を観る

●2018年8月3日(金)、d倉庫(日暮里)で、黒田育世さんのダンス・ソロ公演『病める舞姫』を観た。黒田育世さんは、日本を代表するコンテンポラリー・ダンスの振付家/ダンサーのお一人で、BATIKというダンス・カンパニーの主宰としても活躍されている方。今日の公演も、期待を裏切らない強烈なインパクトを感じるものであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おどるなつこ タップ・ソロ公演『甲虫』(アトリエ第Q芸術)を観る

●2018年8月3日(金)、アトリエ第Q芸術1Fホール(成城学園前)で、「おどるなつこ」さんのタップ・ソロ公演『甲虫』を観た。彼女のダンスを観るのは本当に久しぶり。2015年2月の『あいこうる~タップで文学Ⅱ“嵐が丘”~』「(セッションハウス)以来となる。今回も期待を裏切らず、あっという間の45分、とても楽しく時間が過ぎる。お得意のタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ舞踏ソロ「すなのおんな」(テルプシコール)を観る

●2018年7月8日(日)、中野のテルプシコールで、横滑ナナさんの舞踏ソロ「すなのおんな」を観た。安直なコメントなどとてもできない。彼女自身の半生を総括するような、覚悟を決め、腹が据わった、そして衝撃的な公演であった。観ている我々は、ただただ彼女の発する気迫と波動に圧倒されるしかない。 ●公演は大きく分けて3つの部分から構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第45回現代舞踊展(メルパルクホール)を観る

●2018年7月7日(土)、メルパルクホール(芝公園)で、「第45回現代舞踊展」を観た。この企画は、東京新聞が主催、現代舞踊協会が後援し、1974年から続けられているもの。まさに現代舞踊の歴史そのものとも言える。今年も、第一線で活躍する精鋭24組の作家が、2日間にわたり、個性あふれる作品を披露する。1作品の持ち時間はわずか10分間。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京バレエ団公演「白鳥の湖」を観る

●2018年6月29日(金)、東京文化会館大ホールで、東京バレエ団のバレエ公演「白鳥に湖」を観た。オデット/オディールを踊るのは、プリンシパルの上野水香さん。本当に素晴らしい。 ●「白鳥の湖」は、クラシックバレエの定番中の定番とされるが、チャイコフスキーの音楽は美しく、もちろんバレエ作品としては様式・内容とも超一流なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「森下真樹 ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」を観る

●2018年6月24日(日)、表参道のスパイラルホールで、「森下真樹 ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」を観た。 ●森下真樹さんは、コンテンポラリー・ダンス界における著名な振付家/ダンサー。私も、今までにいくつかの公演を観ており、その才能に感銘を受けてきた。今回の企画は、あまりにも有名な「運命」を、今西泰彦さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村由ちゃぶ台ダンスシリーズ2018「夏至」(高円寺「はらいそ」)を観る

●2018年6月21日(木)、高円寺「はらいそ」で、木村由さんが踊る、ちゃぶ台ダンスシリーズ2018「夏至」を観た。木村由さんは、私が大好きな舞踊家のお一人。ちゃぶ台ダンスとは、文字通り、直径数十センチほどの古びたちゃぶ台を舞台として、一人で黙々と踊るダンス。 ●会場となる「はらいそ」は、高円寺北口商店街のはずれにある路地沿い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬場ひかりダンスプロジェクト公演「仮想原野」を観る

●2018年5月31日(木)、俳優座劇場(六本木)で、馬場ひかりダンスプロジェクト公演「仮想原野」を観た。同プロジェクトとしては2010年12月の「PASSION」(注)以来、実に7年半ぶりになる。この間、彼女が心に刻み内面に育んできたものとはいったい何か? 是非それを知りたい。今日の公演は、こうした期待に応える素晴らしいものであった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「眠りの森の美女」を観る(感想)

●2018年5月18日(金)、東京文化会館で、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の来日公演「眠りの森の美女」を観た。同バレエ団は、ロイヤル・バレエ団とは姉妹関係にあり、英国ではもちろん、世界的にもトップクラにあるとされるカンパニー。絢爛豪華な舞台で繰り広げられる華麗な演技に、ただただ感動し感嘆する、それは素晴らしい公演であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンス“カトルカール”プロジェクトN゜14を観る(セッションハウス)

●2018年2月10日(土)、セッションハウス(神楽坂)で、コンテンポラリー・ダンス公演「カトルカールプロジェクト N゜14」を観た。この企画は、現在活躍中の女性振付家4人の作品を採り上げようとするもので、今回が14回目となる。そもそも「カトルカール」とは、フランス語で「4分の一が4つ」という意味で、パウンドケーキのこと。小麦粉・バター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Co.山田うん 2018 3都市ツアー 「モナカ」を観る(スパイラルホール)

●2018年1月8日(月・祝)、スパイラルホール(表参道)で、山田うんさんが主宰するダンスカンパニー「Co.山田うん」の公演「モナカ」を観た。スパイラルホールに行くのも、山田うんさんの公演を観るのも、本当に久しぶり。本作品は、2015年に発表されたもので(当時私は見逃した)、海外でも驚嘆された、「Co.山田うん」の代表作だという(チラシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村由ちゃぶ台ダンスシリーズ2017「冬至」を観る(高円寺「はらいそ」)

●2017年12月22日、高円寺の「はらいそ」で、木村由さんが踊る「ちゃぶ台ダンスシリーズ2017『冬至』」を観た。本当に面白い。面白いという言葉が誤解を与えるとしたら、「個性的かつ魅力的」と言いかえても良い。「緊張」の中に「遊び」があり、「遊び」の中に「真剣さ」があるとう感じだろうか。木村由さんは私が大好きな舞踊家/コンテンポラリーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『2017時代を創る現代舞踊公演』(渋谷区文化総合センター大和田さくらホール)を観る

●2017年10月28日(土)、渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで、『2017時代を創る現代舞踊公演』を観た。この企画は、文化庁及び一般社団法人現代舞踊協会が主催するもので、次の時代の舞踊を担う創造性豊かな新進舞踊家を育成・奨励する「現代舞踊新進芸術家育成Project」の一つとして、毎年開催されている。今年の開催日は、10月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンス公演『ダンス花 vol.27』(神楽坂セッションハウス)を観る

●2017年9月18日(月・祝)、神楽坂セッションハウスで、コンテンポラリー・ダンス公演『ダンス花 vol.27』を観た。 ●「ダンス花」とは、セッションハウスの公演プログラム「シアターフェス21」から、もう一度見たいダンスとして選ばれたその年の10作品を、年2回に分けて、5作品ずつ再上演するもの。多くの観客から支持された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『不思議な場所~メキシコ前夜』(セッションハウス)を観る

●2017年8月19日(土)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演『不思議な場所~メキシコ前夜』を観た。本作品の初演は2006年11月、今回は、6年ぶりの再演となる。本公演の後、マドモアゼル・シネマは、メキシコ公演に旅立つ(さらにエチオピアへも)。タイトルの副題にあるように、まさに「前夜祭」なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯨井謙太ろう『桃 Spooky action at a distance!!』を観る(大倉摩矢子等)

●2017年7月9日(土)、神楽坂セッションハウスで、鯨井謙太郒氏の新作コレオグラフ『桃 Spooky action at a distance!!』を観た。実は、セッションハウスに行くのは、おおよそ2年半ぶり。2015年2月の鯨井氏作品『毒と劔 』以来となる。 (なお、本ブログのタイトルで、どうしても「郒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村蓉 小説原案コンテンポラリーダンス公演「ノベルの衝動」を観る

●2017年7月30日、神楽坂セッション・ハウスで、中村蓉さんのコンテンポラリーダンス公演『ノベルの衝動』を観た。中村蓉さんは、私が大好きなダンサー/振付家のお一人。今回の公演は、タイトルに「小説原案」とあるように、小説をモチーフに創作した2作品で、何れも過去に上演され、好評を得たものとのこと。まだ観ていなかった私にとっては、願ってもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスがみたい!15 黒沢美香ソロダンス公演『Wave』『距離 「船を眺める」より』を観る

●2013年8月7日(水)、d-倉庫(日暮里)で、黒沢美香さんのソロダンス公演『WAVE』『距離 「船を眺める」より』 を観た。この公演は、d-倉庫毎年恒例の「ダンスがみたい!15」の中の一つだ。ところが、さて感想を書こうという段になって、はたと困った。私の頭の中は「?」でいっぱいだからだ。もっとも、終演後は、会場を埋め尽くす大勢の玄人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more