テーマ:マドモアゼル・シネマ

「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」(セッションハウス)に行く

●2019年12月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、コンテンポラリー・ダンス公演「ダンスブリッジ2019④旅は道連れ劇場」を観た。三つの個性的な作品が連続して演じられる約1時間20分。非日常の異様な世界に身も心も引き込まれ、呆然としながら濃密な時間が流れていく。終わった後は、心地よい疲れを感じて大きく息を吐く。実に見応えのある公演で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演『彼女の椅子(仮)』(神楽坂セッションハウス)を観る(正直な感想)

●2019年9月8日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのダンス公演『彼女の椅子(仮)』を観た。今回の公演は従来の路線とは少々趣向が異なる。遠い記憶の中に見つけた過去への憧憬ではなく、同時代の厳しく生々しい現実の世界。当日配布チラシには「ドキュメンタリーダンス」とある。観る人によって意見が評価が分かれるかもしれない。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ ダンス公演「平成行進曲」(神楽坂セッションハウス)を観る

●2019年4月28日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演、2019旅するダンス「平成行進曲」を観た。、マドモアゼル・シネマとは、伊藤直子さんが主宰する、少女期の記憶の物語を紡ぐダンス集団(公演チラシより)。彼女たちが創り出すのは「誰もが心の奥に大切にしまっている《懐かしさ》」とも言うべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ公演『バッドガール・ララバイ』を観る(セッションハウス)

●2018年9月2日(日)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演、旅するダンス2018『バッドガール・ララバイ』を観た。期待を裏切らない素晴らしい内容で、見終わった後の気分もとても良い。 ●マドモアゼル・シネマとは、振付家の伊藤直子さんが主宰するダンス・カンパニーで、ここセッションハウスを拠点とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『不思議な場所~メキシコ前夜』(セッションハウス)を観る

●2017年8月19日(土)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演『不思議な場所~メキシコ前夜』を観た。本作品の初演は2006年11月、今回は、6年ぶりの再演となる。本公演の後、マドモアゼル・シネマは、メキシコ公演に旅立つ(さらにエチオピアへも)。タイトルの副題にあるように、まさに「前夜祭」なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『東京タンゴ 秋』を観る。

●2012年10月8月(月・祝)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演『東京タンゴ 秋』を観た。私が『東京タンゴ』を観るのは、2011年8月の『夏編』、2011年12月の『冬編』に続き3回目となる。これらの作品は、所謂「続きもの」という訳ではなく、同一のテーマ、同一の基本ストーリーを、少し違った視点から表現しよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『つぐちゃんの空』を観る

●2012年6月24日(日)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演『つぐちゃんの空』を観た。マドモアゼル・シネマの魅力は何と言っても「懐かしさ」。心の奥底に眠っている大切な記憶の断片をそっと呼び起こし、そのことによって、今を生きる「私」が少しだけ、でも確実に明日に向けて変わっていく、とでも言おうか。期待していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『東京タンゴ』(冬編)を観る

●2011年12月25日(日)、セッション・ハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演『東京タンゴ』を観た。とても面白い。この作品は、2011年8月の『夏編』に続く『冬編』とされるもの。しかし、いわいる続編ではなく、各々独立したものというか、異なるヴァージョンとでもいうべきものなので、『夏編』を観ていなくても、十二分に楽しめそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『東京タンゴ』(夏編)を観る

●2011年8月21日(日)、セッション・ハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマのダンス公演『東京タンゴ』を観た。私はマドモアゼル・シネマのダンスが大好きだ。公演を観るのは今回が2回目。前回公演(2011年2月)に勝るとも劣らない素晴らしい作品であった。(前回作品『途中下車』に関する記事は、こちら) ●マドモアゼル・シネマの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「月羊記」に関する「ちょっと嬉しいこと」

●2011年6月11日、このブログ「月羊記」に関して、「ちょっと嬉しいこと」を発見した。ブログで、そのブログのことを書くのは、なんだか反則技というか禁じ手のような気がしないでないが、今回だけは大目に見てほしい。 ●私は、2011年2月27日(日)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマ公演『途中下車』を観て、その時の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドモアゼル・シネマ『途中下車』を観る

●2011年2月27日(日)、セッションハウス(神楽坂)で、マドモアゼル・シネマ公演『途中下車』を観た。同カンパニーの公演を観るのは今回が初めて。もっと前から観ておけば良かったと心の底から思うほど、素晴らしい公演であった。どこか懐かしい、でも今まで一度も経験したことのない、何とも不思議で魅力的な世界がここにあった。 ●HPやチラシ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more