テーマ:演劇

イキウメの演劇公演『ミッション』を観る

●2012年5月12日(土)、シアタートラム(三軒茶屋)で、「イキウメ」の演劇公演『ミッション』を観た。とても面白い。今回の作品は、所謂SFではない。前々回(散歩する侵略者)、前回(太陽THE SUN)とは異なり、SFを期待した観客にとっては、少し拍子抜けけだったかも知れない。しかし、イキウメにとって、SFとは、表現手段の一つ(たぶん)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒色奇譚カナリア派活動停止公演『誤/娯楽』を観る

●2011年12月10日(土)、こまばアゴラ劇場(駒場東大前)で、黒色奇譚カナリア派活動停止公演『誤/娯楽』を観た。赤澤ムックさんが主宰するこの黒色奇譚カナリア派は、私が特に好きな劇団の一つだ。本公演でも、この劇団が創り出す、美しくも妖しい、おどろおどろした世界を堪能することができた。 ●まずは主要なメンバーを確認しておこう(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPIRAL MOON 演劇公演『キネカメモリア』を観る

●2011年11月26日(土)、下北沢「劇」小劇場で、「SPIRAL MOON」の演劇公演『キネカメモリア』を観た。。私は、前回公演の『惑星のピクニック」(2011年6月)を観て以来、この劇団の魅力にすっかりはまっている(前回公演の記事はこちら)。今回も、「本当に良い芝居を観たなあ」という確かな満足感がある。 ●本公演の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イキウメ『太陽 THE SUN』を観る

●2011年11月12日(土)、青山円形劇場(表参道)で、劇団イキウメの公演『太陽 THE SUN』を観た。とても面白い。シリアス且つファンタジック、不思議な魅力を持つ作品だ。 ●「イキウメ」は、2003年に旗揚げされた劇団。主宰は前川知大(まえかわともひろ)氏。作・演出も手がける前川氏の作品は、「身近な生活と隣り合わせに異界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CAVA『BARBER』を観る

●2011年10月22日(土)、アサヒ・アートスクエア(浅草)で、CAVAの公演『BARBER』を観た。CAVAの公演は本当に面白い。私は、2011年2月の『Continent』(アサヒ・アートスクエア)、7月の『罠』(セッションハウス)と観てきて、今日で3回目だ。毎回、CAVAならではコミカルで軽妙な動きで魅了してくれるが、今回は、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホナガヨウコ企画×テニスコーツ『愛さないで下さい』を観る

●2011年9月24日(土)、セッションハウス(神楽坂)で、ホナガヨウコ企画とテニスコーツによる『愛さないで下さい』を観た。この公演のチラシには、「音体パフォーマンス公演/ふりつけされたえんげき」とある。「音体」とは、文字通り、「音(音楽)」と「身体」のことなのだろう。ダンスとも、演劇とも、はたまたコント(?)ともつかない、不思議で微妙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地点上演実験『トラディシオン/トライゾン』(出演:安部聡子・山田せつ子)を観る

●2011年9月4日(日)、シアタートラム(三軒茶屋)で、地点上演実験Vol.4『トラディシオン/トライゾン』を観た。出演は、俳優の安部聡子さんと振付家/ダンサーの山田せつ子さんの2人。本公演は、演劇とダンスの共生は可能かという問いへの答えを探ろうとする一連の意欲的な企画、というより正に「実験」の4回目。単なる演劇とダンスのコラボという…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青☆組『パール食堂のマリア』を観る

●2011年8月6日(土)、三鷹市芸術文化センターの「星のホール」で、青☆組の演劇公演『パール食堂のマリア』を観た。とても味わい深い作品であった。こういう作品が、現代において新たに作られ、上演され、そして世代を超えて観客を獲得していること、まずは、このことをとても嬉しく思う。 ●青☆組とは、吉田小夏さん(劇作家・演出家・俳優)が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』を観る

●2011年7月18日(月)、シアタートラム(三軒茶屋)で、阿佐ヶ谷スパイダースの演劇公演『荒野に立つ』を観た。なんとも不思議な作品だ。実は、今このブログを書いているが7月24日(日)だから、既に一週間ほど経っている。でも、なかなか筆が進まない。分からないことが多すぎて、未だに頭の中がぐるぐる回っているのだ。でも、記憶はどんどん薄れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千賀ゆう子企画公演『猫とカナリア・・・と?』を観る

●2011年7月3日(日)、こまばアゴラ劇場(駒場東大前)で、千賀ゆう子企画の演劇公演『猫とカナリア・・・と?』を観た。この公演は、「理生さんを偲ぶ会」が主催する「第5回岸田理生アバンギャルドフェスティバル」への参加作品の一つ。何とも不思議な体験をしたというのが正直な思いだ。 ●岸田理生さん(1946~2003)のことは、実は私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本能中枢劇団『リボンの心得』を観る

●2011年6月18日(土)、こまばアゴラ劇場(駒場東大前)で、本能中枢劇団の第3回公演『リボンの心得』を観た。いわいる演劇とは全く異なるもので、なかなか興味深いステージであった。 ●劇団ホームページによれば、本能中枢劇団とは、2007年に解散した劇団ベターポーヅの主宰の西島明、俳優の猿飛佐助、吉原朱美、舞台美術のふくいくが中心と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

SPIRAL MOON 『惑星のピクニック』を観る

●2011年6月18日(土)、下北沢「劇」小劇場で、SPIRAL MOONの演劇公演『惑星のピクニック』を観た。社会問題を鋭くえぐる芝居でもない、スリリングな展開がある芝居でもない、腹を抱えて大笑いする芝居でもない、でも見終わった時に、心から「本当に良い芝居を見た」と感じさせる味わい深い素晴らしい作品であった。 ●SPIRAL MOO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然工房『ピーチ・ボーイズ』を観る

●6月11日(土)、中野BONBONで、劇団「天然工房」の演劇公演『ピーチ・ボーイズ』を観た。とても面白かった。この劇団は、すでに11年もの活動歴があるという。しかし、私が知ったのは、つい最近のこと。先日行った「イキウメ」の演劇公演『散歩する侵略者』(ブログ記事はこちら)で配布されたチラシがとても印象的だったので、いわば「思いつき」で観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イキウメ『散歩する侵略者』を観る

●2011年5月14日(土)、シアタートラム(三軒茶屋)で、人気劇団「イキウメ」の演劇公演『散歩する侵略者』を観た。噂には聞いていたが、想像をはるかに超える面白さ。演劇を観てこんなに興奮したのも久しぶりだ。 ●「イキウメ」は、2003年に旗揚げされた劇団。主宰は前川知大(まえかわともひろ)氏。作・演出も手がける前川氏の作品は、「身近な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルフィッチュ『ゾウガメのソニックライフ』を観る

●2月13日(日)、神奈川芸術劇場大スタジオで、チェルフィッチュの『ゾウガメのソニックライフ』(作・演出:岡田利規)を観ました。なかなか興味深い作品です。私は、演劇をめったに見ません。嫌いというのではなく、月2~3回のダンス公演にいくので時間的に精一杯なのです。今回は、たまたま、ダンス公演の際に貰ったチラシの中で、色鮮やかなこの公演のチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CAVA『CONTINENT』を観る

●2011年2月5日(土)、アサヒ・アートスクエア(浅草)で、CAVAの公演『CONTINENT』を観た。CAVAのメンバーの作り出す世界は本当に魅力的だ。文句なく面白い。 ●パンフによれば、CAVAとは、マイムをベースに、ダンスや演劇の要素を融合したパフォーマンスを行うマイムパフォーマンスカンパニー。「サバ」と読む。本公演の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more