テーマ:横滑ナナ

横滑ナナ 舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観る(中野テルプシコール)

●2019年10月20日(日)、中野テルプシコールで、横滑ナナさんの舞踏ソロ公演『ひやおろし』を観た。凝縮された濃密な時間の流れを体感する非日常の世界。まさに舞踏の醍醐味と言うべきか。若干の心地よい疲労を感じるほどの見応えある公演であった。 ●チラシによれば、「ひやおろし」とは、蔵ごとに手塩にかけて育てられる秋に味わう芳醇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ舞踏ソロ「すなのおんな」(テルプシコール)を観る

●2018年7月8日(日)、中野のテルプシコールで、横滑ナナさんの舞踏ソロ「すなのおんな」を観た。安直なコメントなどとてもできない。彼女自身の半生を総括するような、覚悟を決め、腹が据わった、そして衝撃的な公演であった。観ている我々は、ただただ彼女の発する気迫と波動に圧倒されるしかない。 ●公演は大きく分けて3つの部分から構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『横滑ナナ展 -映像と舞踏- 』(きいろろ聡明堂)を観る

●2013年7月6日(土)、きいろろ聡明堂(北区堀船)で、『横滑ナナ展』を観た。この企画は、サブタイトル『-映像と舞踏-』とあるように、3人の映像作家が各々異なる視点から、舞踏家横滑ナナさんを撮った映像作品と、彼女自身がその場で踊る舞踏からなる。チラシの「豪華4本立て」は、少々大げさかも知れないが(失礼)、彼女の舞踏に注目する私としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ ソロ舞踏公演『砂楼』を観る

●2012年9月15日(土)、テルプシコール(中野)で、横滑ナナさんのソロ舞踏公演『砂楼』を観た。横滑ナナさんの舞踏公演には、時間が許す限り出かけていくことにしているが、毎回毎回新しい発見があって、とても新鮮だ。今回は、これまでにも増して「変化」が感じられる素晴らしい公演であった。 ●会場は、ステージと観客席が対峙する通常の設…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『天狼星堂舞踏小品集2012』(ワタル、横滑ナナ)

●2012年7月15日(日)、テルプシコール(中野)で、昨日に引き続き、大森政秀氏が率いる天狼星堂による舞踏公演、『天狼星堂舞踏小品集2012』を観た。今日の出演は、ワタル氏と横滑ナナさんだ。舞踏の本質はおそらく一つなのだろうが(まだ良く分かりませんが)、舞踏のスタイルは、舞踏家によって大きく異なる。今日も、昨日とは違う貴重な体験をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑ナナ舞踏ソロ公演『とんがらづき』を観る

●2011年9月24日(土)、テルプシコール(中野)で、横滑ナナさんの舞踏ソロ公演『とんがらづき』を観た。全身全霊で踊るとは、まさにこのような行為をいうのだろう。彼女の身体そのもの、存在そのものが観る者を圧倒する、そんな気迫・迫力に溢れた舞台であった。 ●こうした舞台について語るうえでは、どんな言葉も無力と感じられ、観る側は黙って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more