テーマ:バレエ

新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観る

●2019年6月15日(土)、新国立劇場バレエ団公演『アラジン』を観た。この作品は、英国を代表する振付家ビントレー氏が、ここ新国立劇場のために創作し、2008年に初演されたもの。その後、同劇場の人気演目の一つとして、2011年、2016年に再演され今回で4回目となる。今日も、音楽よし、振付よし、出演者よしの三拍子そろった見事な公演で、理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場バレエ公演「不思議な国のアリス」を観る

●2018年11月3日(土)、新国立劇場バレエ団公演「不思議の国のアリス」を観た。見事な踊り、色鮮やかな舞台装置、そして現代的だが平易で分かり易い音楽が一体となって描かれるルイス・キャロルの不思議な世界。本当に素晴らしい。 ●この作品は2011年に英国ロイヤル・バレエ団で世界初演され、以降、世界中で人気演目となっている。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュツットガルト・バレエ団 2018年日本公演「オネーギン」を観る

●2018年11月2日(金)、東京文化会館(上野)で、シュツットガルト・バレエ団の2018年日本公演「オネーギン」を観た。この作品の世界初演(1965年、改訂版1967年)は、まさにシュツットガルト・バレエ団によるもの。以来、同バレエの代表的な演目として絶大な人気を誇る。あまりに感動すると言葉を失ってしまうと言うが、本公演はまさにそれに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京バレエ団公演「白鳥の湖」を観る

●2018年6月29日(金)、東京文化会館大ホールで、東京バレエ団のバレエ公演「白鳥に湖」を観た。オデット/オディールを踊るのは、プリンシパルの上野水香さん。本当に素晴らしい。 ●「白鳥の湖」は、クラシックバレエの定番中の定番とされるが、チャイコフスキーの音楽は美しく、もちろんバレエ作品としては様式・内容とも超一流なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「眠りの森の美女」を観る(感想)

●2018年5月18日(金)、東京文化会館で、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の来日公演「眠りの森の美女」を観た。同バレエ団は、ロイヤル・バレエ団とは姉妹関係にあり、英国ではもちろん、世界的にもトップクラにあるとされるカンパニー。絢爛豪華な舞台で繰り広げられる華麗な演技に、ただただ感動し感嘆する、それは素晴らしい公演であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京バレエ団 バレエ公演『くるみ割り人形』(振付:モーリス・ベジャール)を観る

●2012年12月15日(土)、東京文化会館(上野)で、東京バレエ団のバレエ公演『くるみ割り人形』を観た。普段あまりバレエを観る機会がない私だが、モーリス・ベジャールの振付とあれば話は別。コンテンポラリー・ダンス・ファンとしても見逃すわけにはいかない。独創的な振付と、それに応える見事な演技。バレエの素晴らしさに改めて圧倒された2時間であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目白三人の会に行く

■2010年9月6日(月) 舞踊への招待 目白三人の会 東京芸術劇場 中ホール(池袋) ○今日は、仕事を早めに切り上げて、目白三人の会の公演へ。 ○目白三人の会とは、文字通り、目白に活動拠点を持つ三人の舞踊家、すなわち、現代舞踊の芙二三枝子さん、日本舞踊の花柳千代さん、クラシックバレエの小林紀子さんが、「踊りはすべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more