マドモアゼル・シネマ ダンス公演「平成行進曲」(神楽坂セッションハウス)を観る

●2019年4月28日(日)、神楽坂セッションハウスで、マドモアゼル・シネマのコンテンポラリー・ダンス公演、2019旅するダンス「平成行進曲」を観た。、マドモアゼル・シネマとは、伊藤直子さんが主宰する、少女期の記憶の物語を紡ぐダンス集団(公演チラシより)。彼女たちが創り出すのは「誰もが心の奥に大切にしまっている《懐かしさ》」とも言うべき世界。私はこの世界に強い共感を感じているので、都合がつく限り足を運んでいる。今日の公演は、マドモアゼル・シネマにとって一つの区切りとなる歴史的なイベント。この場に立ち会うことができ、とても嬉しく思う。

画像


●今日の演目は、「Beats Per Movement」と「平成行進曲」の2作品。前者は、オープニングアクトとして上演されるもの。それでは、各々について、その様子や感想などを記してみたい(メンバーの記載は敬称略)。

【Beats Per Movement】

振付:柿崎麻莉子
出演:今井琴美、栗朱音、黒沼彩葉、駒田愛子、齊藤瀬奈、
   佐々木実紀、柴田美和、白鳥雄也、桶浦瞳

◇シンプルな衣装のダンサーたちが踊る激しいダンス。ノイズとも言える大音響が響き、強烈なリズムが刻まれる中、踏ん張る下半身、上下する上半身、握りしめる両手の拳(こぶし)。まるでゴリラを思わせるような力強い動き。動物的というか、野性的というか、ダンスの遠い祖先である原始の踊りのよう。しかし、決してただ力任せに勢いだけで踊っているのではない。良く見れば、動きの変化や役割分担なども緻密に考えられたものと分かる。終わった後の荒い息遣いも作品の一つと見た。本当に素晴らしいダンス。この後、柿崎麻莉子さんから一言ご挨拶。黒い上着に赤いスカート。お洒落で感じが良く、とてもチャーミングな女性であった。

【平成行進曲】
~わたしたちの「平成」が終わる まだふり返れない たち止まれない

振付構成:伊藤直子
映像:須川萌
出演:マドモアゼル・シネマ
   竹之下たまみ、鈴木加奈子、蓮子奈津美、古茂田梨乃
   中島詩織、須川萌、佐治静、中込美加恵、豊永洵子

◇マドモアゼル・シネマの設立は平成5年。その歩みはまさに平成の歴史と重なるもの。今日は4月28日、平成も今日を入れてあと4日で終わる。この作品を演じるのに、今日(平成最後の日曜日)ほど相応しい日はない。

◇この作品は、進行役である2人の女性(黒スーツとクリーム色の衣装)が、7名のダンサーとともに(進行役の2人ももちろん踊る)、「運動会」をキーワードに、平成という時代を見つめようとするもの。「運動会」とは幸せな驚きで満ちていた少女時代の象徴なのか。そして、たびたび登場する「テルテル坊主」は、その「運動会」への期待を表現するものなのか。

◇マドモアゼル・シネマのダンスは奇をてらうような動きが全くなく、とても自然だ。しかし、それは決して凡庸ではなく、常に観る者の心に強いメッセージが伝わるもの。群舞も素晴らしいが、ソロが見逃せない。一人ひとりのソロを巧みにつないでいく進行は見事というほかない。各人の技量が良く発揮され、個性が輝いている。

◇観客を巻き込む力もなかなかのもの。最初は戸惑っていた人たちも、あれよあれよという間にその気にさせ、気が付いたら様々な年層の男女が楽しそうにステップを踏む。

◇印象的なシーンはたくさんあるが、いくつか挙げてみよう。頭の横に両手をかざす得意の仕草、運動会の「あるある」みたいな問いかけ、電車ごっこのような行進、リレーのようにつなぐソロ、大きなテルテル坊主と踊るデュオ、見事(?)な組体操、コップの中の赤い水を渡していく「コップのダンス」などなど。そして最後は、床の上に投影されたニュースの文字が流れる中、全員がボートを曳いて、その流れを遡っていく。本当に感動的、圧巻のラストであった。

◇音楽の使い方も巧みだ。全体の流れに沿いつつも、個々のダンスを最大限生かすような選曲がなされている。冒頭の「ウイリアムテル序曲(ヴァイオリンヴァージョン)」、「威風堂々」、静かなピアノ曲、哀愁漂うクラリネット曲、弦楽器によるワルツ、元気な行進曲、バグパイプによる民族的な曲などなど。そのセンスの良さには脱帽するほかない。

●マドモアゼル・シネマの歴史は25年間。この間、メンバーの何人かは入れ替わっているが、そのダンスの本質は不変だ。冒頭でも述べたが、みんなが心の中に持つ「懐かしさ」を、形として目の前に現し新たな光を当てること。観る者によって感じ方はいろいろあろうが、各人の心に強く響くことは間違いない。令和に変わった後も、新たな歩みを続けていただきたい。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック