CAVA『BARBER』を観る

●2011年10月22日(土)、アサヒ・アートスクエア(浅草)で、CAVAの公演『BARBER』を観た。CAVAの公演は本当に面白い。私は、2011年2月の『Continent』(アサヒ・アートスクエア)、7月の『罠』(セッションハウス)と観てきて、今日で3回目だ。毎回、CAVAならではコミカルで軽妙な動きで魅了してくれるが、今回は、さらなる「進化」を予感させるような意欲的なステージであった。なお。前回、前々回の公演の際の記事は、こちらこちら
画像


●まずは、メンバーを確認しておこう(敬称略)。いつものCAVAの5人に、フランスで活躍する作曲家パトリス・ベリエラス氏と彼が率いるバンドが加わった。この生演奏が実に素晴らしい。

◆作・演出・振付:丸山和彰(CAVA)
◆作曲・音楽監督:パトリス・ベリエラス
◆出演:CAVA・・・黒田高秋、藤代博之、細身慎之介、田中優希子、丸山和彰
◆演奏:Corydails Torio・・・パトリス・ベリエラス(ピアノ)、セバスチャン・ドゥバール(バンドネオン・アコーデオン)、マルク=ミッシェル・ルべビヨン(ダブルベース)

●物語の舞台は、とある理髪店。店は客で繁盛し、主人(丸山氏)は切り盛りに忙しい。そこへ、ふと若い女(田中さん)が現れる。帽子を被りワンピースを着て、大きな旅行カバンを抱えている。理髪店に女性の姿が似つかわしくない。主人は、一瞬狼狽しつつも、その場を取り繕い、女を別室に誘い入れる。何かわけがありそうな雰囲気。二人にはどんな過去があるのだろうか。お客たち(細身氏・藤代氏)は、別室でのやりとりを想像しては、やきもきする。ようやく、二人が別室から出てきて、すったもんだの末に女を説得し店から送り出す。すると、今度は、男(黒田氏)が血相を変えて店に飛び込んできた。手には花束を持っている。どうやら女を捜しているらしい。とその時、女が忘れた帽子を取りに店に戻ってきた。男は女を追い回し、女は男から逃れようと必死だ。こうして店の中は大混乱となる。この男と女はどんな関係なのか。いったい結末はどうなるのか。

●ストーリーは、ざっとこんな感じで展開していくが、この間、CAVAの5人は、一言も言葉を発することなく、体の動きと顔の表情だけで、すべてのことを表現する。しかも、単に時間の流れを追うだけでなく、随所にシンボリックなリピート・シーンを交えたり、男(黒田氏)と女(田中さん)の回想とも言うべき過去のシーンを挿入したりと、非常に手が込んでいて観客の感覚をしきりと揺さぶってくる。個々のシーンは、正確且つ緻密な動きから構成されており、そこに一分(いちぶ)の隙もない。本当に驚くべきハイ・パフォーマンスだ。

●センスの良さや配慮のきめ細かさは細部まで及び手抜きがない。一本の紐だけで鏡も洗面台も目の前に作り出してしまう。椅子の脇のペダルを踏む仕草をすればお客の体はぐぐっと上がっていく。向かい合って座りお互いの伸ばした片脚にテーブルクロスをかけるだけでレストランのテーブルが出来上がってしまう。散髪中の客が渡される雑誌のタイトルは「HITOIKI」(=一息?)だ。

●各シーンの要所で踊るダンスも見事だ。動き自体に奇をてらったところはないのだが、切れ味の鋭さ、小気味良いメリハリは、観る者の心をも躍らせる。5人全員が2人一組で踊るときには、コートかけもダンサーの一人となる。何という楽しい振付か。なかでも、田中優希子さんの颯爽としたダンスは、何度見ても素晴らしい。腕や脚が良く伸びていて、体全体がバネのよう。ほれぼれするほどカッコ良い。

●今回参加したパトリス・ベリエラス氏とCorydails Torioの役割も大きい。CAVAが繰り広げる各々のシーン、各々の動きに対して、ある時は優しく寄り添い、ある時は毅然とリードする。思いっきりセンチメンタルに歌い上げたかと思えば、さっと沈黙を守ることもある。おそらく、「今日の公演の進行が絶妙」、と感じた要因の一つに、彼らの存在があったことは間違いない。

●今回も、最後に、本日の名場面集のようなパフォーマンスを披露してくれた。前回公演でも感じたが、余韻を楽しむという雰囲気で、とても嬉しい趣向だ。

●CAVAの面白さ、それは、都会的でお洒落なユーモアセンス、卓越した技術に裏打ちされた高度な身体の動き、そして、これを演じる各メンバーの強烈な個性だ。硬派で存在感抜群のダンディ黒田氏、変幻自在に表情を変える顔面魔術師の細身氏、見ているだけでめちゃめちゃ楽しいがふっと哀愁も漂う藤代氏、お姫様然としつつも不思議な色気を放つ田中さん、そして飄々としたとぼけた味が魅力のイケメン丸山氏。まさに、ワンダーランドだ。さらに、今回の公演では、「物語性」の面でも、観客を十二分に楽しませてくれた。

●冒頭で述べたように、今後のCAVAの「進化」がますます期待できそうだ。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック